2016年12月26日

クリスマスの思い出

ご訪問ありがとうございます。



00d69ac7bb1abb215386b2be789554f0_s.jpg


2016年も残すところ、あと僅かとなりました。

昨日のクリスマスは、私は泊まりの仕事で、上の娘は社員旅行、下の娘は大学が休みで家にいたそうです。

メンバーが半分のクリスマス。

クリスマスケーキがないクリスマス。

98dcf9891098a8bf48da48999fac829e_s.jpg


チキンがないクリスマス。

37586d210fe3c0110f849d04d7aa9e33_s.jpg


スパークリングワインもなし。

8fdac12f0e4c4d8193c56b3242655d8e_s.jpg


シャンメリーを卒業して、かなり経つが、アルコールなしの「メリークリスマス!」は少々寂しい気もするが、家内と次女は、普通に楽しく食事をしたそうです。


クリスマスの思い出といえば、やはりコンビニ運営中の出来事ばかりが鮮明に蘇ります。

本部ノルマによるクリスマスケーキの当日売りの大量発注。

「売れる訳ねーだろ。」と思いつつも、ついスケベ心が出てしまう。

「あーあ、10個も残っちゃったよ。」

高単価のクリスマスケーキは規則により当日賞味期限では販売できないので、当日仕入れ分を当日売り切らなければ、かなりのダメージを食らう。24日に仕入れれば、賞味期限は25日だが販売期限は24日までということになる。

そして、夕方に半額処理しても、売れ残りが出る。

「これ、どーすんのよ。糖尿病になれってことかよ。」

主力のパートさん、フリーターさん達に、丸ごとタダで引き取ってもらって、夕方のバイトさんたちにも切り分けして食べてもらっても、2〜3個は自宅に持ち帰るのが定例だった。

深夜明けにワンホールのクリスマスケーキを一人で食べる。もちろん、家族にも協力してもらう。

ある意味、贅沢に見えるが、毎年同じようなケーキが残るので、家族にも飽きが見て取れた。そのうち、子供達も、アイスケーキがいい、なんて言い出して、廃棄ケーキ処理班は私一人の仕事となってしまった。

「もう無理。食べきれん。」もったいない話だが、処分するしかなかった。

23日〜25日まで、そのようなケーキ攻めにあい、確かにウェストのサイズアップに貢献していた。

でも、これ、すべて、廃棄費用がかさみ、クリスマスケーキに関しては、ほぼ確実に毎年赤字でした。ケーキの廃棄だけで、トータルで2〜3万円(原価)はかかったと思います。

クリスマスチキンに関しても特需に振り回されて、忙しさだけが浮き彫りとなりました。こちらは、ある程度利益が取れました。しかし、自店舗で揚げて提供するという作業はかなり大変でした。昨年の販売データをもとに、時間帯で冷凍チキンを解凍して管理するのはかなりリスクがあります。予定通りの販売がなければ、解凍したチキンが無駄になり、そのまま冷蔵庫の中で廃棄になるというケースもありました。

「もったいない。10本も持ち帰るか。」

解凍した廃棄のチキンをフライヤーで揚げて、持ち帰るのも例年のマイスペシャルワークでした。


「おめー、バカじゃん。それじゃ、仕入れなきゃいいじゃん。やらなきゃいいだろ。本部のいいなりになって踊らされたあんたがアホなだけじゃん。」


そうなんですけど、やはり、自宅でクリスマスができないストレスで、目一杯店内をクリスマス装飾品で派手に演出して、お客様に少なからずのクリスマスサプライズを与えつつ、少しでもクリスマス気分を味わっていただき、同時に、自らも多少なりともクリスマスの雰囲気を味わいたかった、という部分がありました。

そのような状況の中で、メインのケーキがなかったり、超品薄であったりしたら、ある意味ブラックジョークでしょう。

各種様々なクリスマスケーキを見て、テンションがクリスマスモードに突入し、

「そうか、クリスマスか、チキンでも買ってくか。」という流れになれば、嬉しいです。しかし、メインのアイテムがなければ、何か違和感を感じるのではないでしょうか。

「この店、ヤル気あんの?売る気あんの?クリスマスなのにケーキもないのかよ。」

失望されたお客様のリーピートは期待できないでしょうし、クリスマスコーナーの売り場の棚がまず格好がつかないでしょう。

まぁ、ある意味廃棄は自業自得であり、クリスマスケーキも、ある意味、クリスマスを演出するオブジェに過ぎなかったということでしょう。

この感覚は、年末年始の正月においても継承されていた。

古典的、伝統的な凧を、10個ぐらい店内に飛ばす。つり糸で臨場感があるように配置する。エアコンの空気がうまい具合に凧にあたり、いかにも空を舞っているかのような錯覚を与える。

9e17134417a016468f9f16ad8d9de827_s.jpg


また、羽子板をうまく天井から吊るす。その他にも正月っぽいアイテムを天井から吊るす。

レジ前にはお供えを派手に飾り付ける。(廃棄物だが)

4c3f845d5f0c0287fcc9e13ba909a4c5_s.jpg


正月ジオラマが見事に仕上がり、それに自ら酔っていたのだろう。


しかし、正月用の限定品は売れなかった。

特にお供え、おせち料理はまず売れ残りの方が多い。

ただし、年賀状とお年玉袋は、毎年波があったがまあまあ売れた。


一番難しかったのは、元日から3日までの弁当類、牛乳などの乳製品の発注であった。

特に、当店においては、元日のおにぎり、弁当類はまず売れなかった。


「クリスマス、正月は、もう勝負は絶対しない。廃棄になるのが目に見えている。馬鹿な仕入れはもう来年からは絶対しない。」


廃棄の山を前にして、毎年同じ誓いを立てるが、そのシーズンが到来すれば、また負け戦さが目に見えているのに、ついそのムードに流されてしまう。

55279e01d211e202f3fbf94999c56be2_s.jpg


オーナーをそのムードに引きずり込むのが、本部担当の役割なんだろう。


しかし、今、こうして思い出してみれば、いい思い出だ。

20代、30代、40代、そして50代半ばまでのクリスマスと正月は、確かに辛い部分も多かった。トラブルも何かと多かった。何度も辞めたいとも思ったこともあった。

57c427cab48c1c1ca8353184bbb348ba_s.jpg



しかし、半ば強制的にそのシーズンの到来が来れば、必然的に頭がそのムードに引き込まれ、その雰囲気を醸し出す演出に精を出していた。自宅で満足に味わえないクリスマス、年末年始の雰囲気を何気に自店舗で楽しんでいたのではないか。いや、うまく本部の術中にはまっただけだろと言われても仕方ないが、楽しんでいたというのも事実だったと思う。


今、冷静に振り返ると、コンビニ時代のクリスマス、正月は、それほどマイナスイメージはない。あったとしても、それもひっくるめていい思い出だったと言える気がする。

7fcaab4dd949572e8f5448ca1f0a18df_s.jpg


痛みは全て時間の経過とともに忘却される、でしょうか。



しかし、現状でコンビニを運営されているオーナー夫妻には、本当に大変んな時期に突入したことになる。

クリスマス、年末年始のムードなんかに浸ってられないのが現実であり、早くこのイベントを無事に乗り切りたいというのが切実な願いとなる。

まず、年末年始のシフトが十分に埋まらないのではないか。

特に、大晦日の22時〜翌日8時までは、本当に私も苦労した。大体、24時以降にワンオペにならざるを得なかった。そういう時に限って、酔っ払いのDQN軍団がいきなりやって来て閉口させられたりする。原チャリ少年軍団に駐車場ジャックされたりしてしまう。

そして、何が大変かといえば、朝方ヘトヘトの時に、元旦発売の各スポーツ新聞が、1部、2部と別梱包で納品されてくる。そして、それを自分で一つに統合しなければならない。部数もかなりあるので、一人でやるとかなりの時間がかかった。ある意味、非常に虚しい作業であったと言える。


しかし、時代の流れとして、コンビニも24時間やっていた時があったんだー、という時代がもう間近に迫っているような気がしてならない。

4f80ff1610e4da387fcb1066b90d2e61_s.jpg


某ファミリーレストランが24時間営業から足を洗った。この流れは、もう止まらないだろう。


しかし、24時間営業が終焉しても、オーナー夫婦からの搾取的な奴隷契約が改善されない限り、低ランク契約のオーナー夫妻に明るい未来は期待できないし、ないかもしれない。


やはり、自由を手にするには、自らその進むべき道を決断しなければいけないのだろう。


クリスマス、年末年始を振り返ってみて、家族との楽しいひと時が思い出として残る人生も貴重だと思う。

少なからず、出来ることならば、家族でクリスマスツリーを飾り、クリスマスケーキを切る時の子供達の嬉しそうな顔、チキンを美味しそうに喜んで食べる子供たちの様子等をビデオに収めたかった。写真でもよかった。

94f403f45bd893cc02ddb0e6aa649af6_s.jpg


ほんの、些細なクリスマス劇場でもいい、いい夢を見せたかった。

一般的な家庭で出来ることが、なかなかできないのが、コンビニ運営家族の日常であり、宿命です。

父親一人の自己満足で子供たちの日常を破壊してしまった私は、それが辛い思い出です。


社会人の長女が、今日、普通に言いました。

「週末、家族でお泊まりなんて一度も経験してないから、わからない。」

母親の某質問に対する何気ない長女の言葉に罪悪感を感じました。



家族の日常を無残に破壊し、家族の日常に少なからずのプレッシャーをかけ、時として多大な犠牲を強いることもあった。

その異常な現状に気がつき、早急に改善するべきであったと猛省する。


子供達も、成人して、大人になれば、自分の時間は自分で管理し、親も容易には介入できなくなる。当然、家族単位の行動も自ずと減少し、やがては、親もとを離れて行くのだろう。


だからこそ、子供たちとの時間は大切に共有して、たくさんのいい思い出を作るべきだと思う。

e2d27b23b85ca965199d7be910eba96a_s.jpg



ズタズタのコンビニ地獄にはまり、家族との時間を犠牲にして苦渋の日々を余儀なくされているのであれば、迷いは禁物だ。

ご自分のためにも、ご家族のためにも、コンビニ脱出計画を早急に考え、決断するべきだ。


自由を手に入れて、家族の時間を取り戻そう。


大きなお世話で、かつ断定的な表現で、大変恐縮ですが、経験者の反省文としてご認識していただければ幸いでございます。


ご訪問ありがとうございました。

40486799f4fad6daad6f22b8f1f5d552_s.jpg

posted by Sun9 at 23:26| つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする