2015年09月03日

No.15 強盗、万引き、詐欺、内部不正等の犯罪被害 (2.内部不正-追記)

ご訪問ありがとうございます

本日は前回の内部不正についての追記です

30年近くコンビにをやっていれば
イヤというほどこの現実を目にしてきました

圧倒的に不正などしないスタッフの方が多いです
しかし、不正をする人は必ずいます

eca8105676f27696b9d91a7fcc1dcc7a_s.jpg

そして、蔓延してしまいます

この不正の定義も難しいですが、
意図的な行為によりオーナー利益を減じ、
自がなんらかの利益を得る行為は全て不正行為です

しかし、軽微な不正行為、
例えば多くは備品に関してですが

ed208ec22b951f494ea87a3da3562863_s.jpg

•レジ袋を私用で使う
•店のゴミ袋を持ち帰る
•割り箸、スプーン,フォークを勝手に使う
•コーヒーカップで水を飲む
•トイレットペーパーを持ち帰る

以上が代表的なものですが、
立派な不正行為です

全てオーナーが仕入れて値段(原価)があります
お客様以外に私用で使用されたら
無駄であり限りなくロスに等しいです

しかし、備品に関しては、本人が全くその自覚が
ない場合がほとんどです

だから、平気でオーナーの前でレジ袋を
持って行ったり、箸を勝手に使ったりします

これは、不正と言うよりも

ルール違反

ということで対応した方がいいかもしれません



「ちょっと待って!レジ袋、勝手に使わないでね、
それは立派な不正行為だからね!」

なんて言ったらどん引きされちゃいますよね

「ごめん、以前説明しなかった?
バック(ルーム)にも書いて貼ってあるけど
それ、ルール違反。
値段のもあるものだから私用で使うのはNGね。」

位にサラッと言えれば角がたちませんよね



私は、マイ箸を各自に支給しました
そして、スプーン、フォーク類は原則使用禁止
レジ袋も私用禁止。しかし、どうしても欲しい人は
大きさによって5〜10円で買ってもらいました

この備品類のルーズな管理が小さなほころびとなり
やがて大きな不正を生み出す温床となるのです
(と私は思いますが)

備品類のルールはキチンと厳しく決めておいた方が
絶対にいいと思います

ルールはどんなに厳しくしても
慣れてしまえば苦痛でも何でもありません

習慣化されれば当たり前になります


私が忘れられない内部不正をお話しします

その前に、

「お前、人見る目ないね。
ヤバい人間は見て、何となく分かるだろ?
そんな人間雇ったアンタが100%悪い。」

確かに、結果としてその通りです

しかし、外見では絶対に分かりません
人柄でも判断つきません

誰でもやってしまう可能性がある
という事だけは頭の隅に入れておいた
方がいいかもしれません

こんなことがありました

明るく元気で礼儀正しい
ごく普通の女子高校生がいました
容姿もよく笑顔もかわいい子でした
シフトに関しても協力的で
接客に関してもハイレベルでした
遅刻もドタキャンもありません
何処から見ても模範的なスタッフでした

ある日、22時から仕事に出ました

「お疲れさまー」

夕方勤務の女子高生二人を見送り数時間後
コンピューターデスクのキーボードの横に
食べかけの総菜が置いてあるのに気づきました

期限を見ると、賞味期限内でした

「あれ、誰か、忘れたのかな?」

ふと、イヤな予感がしました

当時まだ事務所に防犯ビデオがありませんでした

そこで、まずPOSデータで販売時間を調べてみました


販売データがない!


やられた!

レジ前の防犯ビデオを何時間も見て
怪しい動きの人物を特定

翌日、その相方に電話で確認するが、
知らないとのことでしたが、
後日、申し訳なさそうに告白してくれました

「ちょっとかわいそうかなと思って・・・」
「なんだかチクったみたいで言えませんでした」

なんとあの模範生がやっていたのです

8ccf9f104f2ee2b4a3d5ea681f78cc77_s.jpg



「これ、なんだか分かるよね」

何の悪びれた様子もなく普通に出勤してきた
模範生を問いつめました

あっさり認めた模範生はたいした反省もなく
薄ら笑いを浮かべて平然としていました

「ついつい、魔が差しちゃって・・・」

母親を呼び出して余罪を追求して弁償してもらう
のが本来の手順でしたが、精神的ダメージが大きく
発作的にその場でクビにしてしまいました
(労働基準法違反じゃない?の突っ込みはご勘弁
下さいませ)

厳密に言えば、信頼していた人の余罪を聞くのが
耐えられなかったというのが本音です

開店から数年後に体験した現実はあまりにも
衝撃的でした

あんなに協力的でいい子がナゼ?

信頼していた人間に一方的に裏切られる

そして、本人はさほど罪悪感がない
周囲の人間も見てみぬふりするどころか
変な連帯感でかばってしまう

内部不正の恐ろしさがここに凝縮されています

何気なく魔が差して一人がやってしまう
そして、単なる傍観者が協力者となり
そして、やがて共犯者と進化(退化)してゆく

そして、パクらなきゃ損みたいな空気ができてしまう

楽勝で月100万のロスがでてしまいますよね

万引きのリスク
内部不正のリスク
さらに、詐欺、強盗と続きます

某オーナーさんがこぼしていました

「誰のために働いているのか分からない」



そして、相方さんも後を追うように辞めていきました
同時期に2人のスタッフを失ったのは痛かったです

緊張感のない労働環境
↓(廃棄管理、備品類の管理の甘さ等)
ルール違反

内部不正

利益を失う(棚卸しロス)

人的損失
↓(不正がバレそうになり辞めるor不正を見つけ解雇)
オーナーに精神的、肉体的、経済的ダメージを与える

この流れは絶対避けたいですよね


しかし、長年続けていれば思わぬ味方が現れます

近所のお客様だった幼稚園児、
小学生がやがて高校生になり

dc4f67db0f7d0f5ac747e31091c0c805_s 2.jpg

本人の希望でアルバイトとしてスタッフの
一員となってくれます
そして、進学後も残って仕事を続けてくれて、
卒業までいてくれる方もかなりいました

長い人で5〜6年も在籍して力をかしてくれます


もちろん親御さんもお客様としてお見えになる

自然とファミリーとの良好な関係が出来上がる

こういう事例は長く経営していれば数多く経験
されると思います
もちろん、その子たちは不正など絶対しません
(一人だけやらかしたのがいましたが)
むしろ、内部告発をしてくれます

そういう味方は本当に助かりました

ここで、本部社員さんがよく言っていました

内部不正も万引きも
それを許してしまう
店の雰囲気に問題あり。
それは、全てオーナーさんの
管理能力の問題です。



はい、おっしゃる通りでございました。

最後までお読み頂きまして
ありがとうございました




posted by Sun9 at 22:35| 20の理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする