2015年07月25日

第16話 明るい未来のために

ご訪問頂きましてありがとうございます

コンビニ脱出を決意して約半年で
コンビニから抜けだすことに成功しました

そして、それから約一年後に裁判所から
正式に免責が決定され、免責許可決定証明書の
取得で復権を果たしました

b03fe58a4eace1933500a36a4fe25a2b_s.jpg

後悔はありませんが
反省点は幾つもあります

本部を含め、他の債権者様に
多大なご迷惑をおかけしてしまいました

こうなる前にもっと早い時期に
決断するべきでした

もっと若い時に
体力的に自信がある時に
経済的余裕がある時に

出口をキチンとイメージして
行動するべきでした

2ee436aa3ed87a17c12ab7df114e0f7c_s.jpg

妻を、家族を犠牲にして
自己満足で継続しても
また、否応なく継続せざるを得ない
状況から抜け出せなくても

最終的に最大のダメージを
受けるのは自分です

続いて、家族です


現在、コンビニを経営されていて

業績が悪く、状況の変化が期待出来ない。
経費節約の為に、夫婦して長時間労働を強いられ
子供達にも悪影響を及ぼしている。
足りない生活費を借入金で補填し続け、
公的資金の借り入れがあり、さらに、
銀行のカードローンからの借り入れ、
クレジット会社からの借り入れ、
消費者金融からの借り入れへと進み、
それぞれの限度額を目一杯使っている。
当然、自転車操業が続き
月末の支払の金策に疲れ果ててしまう。

このようなマイナスのスパイラルに陥る前に

決断

するべきです


万が一、このような状況に陥ってしまって
悩み苦しんでいるのであれば
最後の手段を使うべきです

出来れば、破産などしなくて済むなら
しない方がいいに決まっています


しかし、全てをリセットして
ほぼ白紙状態で再スタートしたいのであれば
この制度を利用するべきだと思います

それなりの費用がかかり
少なからずの社会的制裁は覚悟の上で
自殺、夜逃げ、一家離散の悲劇を
回避する意味でも熟考の価値はあるはずです


自分のために
家族のために

明日の希望のために
明るい未来のために

384182e2a156d34a26a54a13a1d1460e_s.jpg

自分の時間と精神的自由を
取り戻しましょう

家族の平穏無事と幸せを守りましょう



ということで、本編は完結致します。
長期に渡り、ご覧頂きましてありがとう
ございました。

引き続き、3.以降の20の理由を記載させて
頂きますので、よろしくお願い致します。



追伸:その後の就活状況は当ブログの主旨から
それてしまうため割愛させて頂きました。
ちなみに、タクシードライバー、現場作業員、
引っ越し作業、警備員、事務作業員と
約一年の間でめまぐるしく変遷しました。
その話は別タイトルのブログでご紹介
させて頂きたいと思います。



posted by Sun9 at 21:22| コンビニ競争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする