2015年06月17日

第13話 奴隷制度からの解放

ご訪問頂きましてありがとうございます



「やっと自由を手に入れた!」

「奴隷から開放された!」

120e27c6a6ee537f3443f49dc65e7331_s.jpg


直営店の一スタッフとなった私は

新鮮だった!

最終的な責任のない仕事
使われる人間の気軽さ
定時で終われる仕事

目をこすりながら、コックリしながら
何時間もかかった発注業務からも解放された

そして、これからは、


普通に夜眠る生活が出来る。
安心して眠れる。
トラブルで起こされることが無い。
家族揃って夕食がとれる。
盆暮れクリスマス家族と過ごせる。
年末年始安心して休める。
土日祝日にシフトの心配をしなくていい。
長時間労働から解放される。

そして、何と休日がある。



ce4716dcf863e3b17201925b0c1b5792_s.jpg


約30年間許されることが無かった
なんでもないありふれたこと

上の子は成人し、下の子も大学生


接点は殆どなく、
20代後半から50代半ばまで
ワープしたような感じだ

本当にあっという間の出来事

家族を犠牲にし
金融財産はほぼ全て失った

未来の不安よりも
未来の可能性のために
人生をリセットした

7970033ea775f539b2e470af8646111c_s.jpg


債権者の方々には本当にご迷惑
をおかけして申し訳なく思います

家内にも散々苦労をさせてしまった

お疲れさま
そして、ありがとう。


乾いたボロ雑巾を
絞っても何も出てこない
 
まるで当時の自分の経済状態だ

でも、生きてゆかねばならない。

コンビニ一筋のコンビニバカ

一般社会から隔離された
異質の労働環境

果たして、自分は適応出来るのだろうか?

いや、根性と気合いで乗る切るしかない!


直営店の方は、
今まで人件費節約のため
ギリギリで回していたため
とにかくスタッフが足りない

かなりの募集広告を出したが
なかなか人が集まらない

やはり、近隣の奇麗な競争店に
取られてしまうのだろう

誰でも、ハイスペックな店舗で
働きたいですよね

それでも2ヶ月以上も経つと
徐々に人が集まり出して
新人教育が私の主な仕事となりました

直営店としての資格を完璧にクリアーし、
私の破産の手続きも同時進行で進められました

お気軽るなアルバイト生活にも慣れたころ
遂に、私の解放日が決定され、
そのカウントダウンが始まりました

ab4d85c7adc69bc96c439b2d0e3372c4_s.jpg


家内は、引き続き当面店に残る
ことになりましたが、
今回の事件の首謀者である私は
要無しとなればスグにお払い箱です

まあ、当然でしょうね。


もし、法人でなく個人経営であれば
夫婦で自己破産しても50〜60万円位
だと思います。

何百万円も分取られるなら
自己破産の選択もやむを得ないと思います。

同時に借入金もゼロにして
人生をやり直す


現状で苦境に陥り、悩まれているオーナー様。
状況に改善が見込めないのであれば、
キッパリと辞める方向で考えるべきだと私は思います。

ご自分の未来のために。
ご家族の平穏無事ために。

そして、なによりもご自身の精神的自由のために。

1a1d32aace0618b1b02adc454638c657_s.jpg


ご決断は早めに!!


最後までお読み頂きまして
ありがとうございました

タグ:奴隷制度
posted by Sun9 at 23:10| コンビニ競争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする