2014年11月26日

当ブログ開設のご挨拶

当ブログ開設にあたり
簡単にご挨拶させて頂きます。

昭和62年に某流通大手系列のコンビニオーナーとして開業しました。

83f01a7535d6a40d968f4720fe93c1eb_s.jpg
(画像はイメージです)



しかし、諸事情により経営継続を断念せざるを得ない状況に追い込まれ、今年(平成26年)の1月31日に契約が終了しました。

約30年間の奴隷生活(と言われているらしい)に自ら終止符を打ちました。

契約期間をあと1年と3ヶ月残しての廃業は不本意ではありましたが、精神的、肉体的、経済的に、これ以上の負担を家内、家族に強いるのはもう限界と判断して断腸の思いで決断しました。

かなりのリスクと代償を背負い込んでの自らのリストラ劇。

次の仕事のあてもなく辞めてしまったために、現状では経済的にかなり崖っぷちに立たされています。

4a122bb2096e2aaff8bddae4731b414e_s.jpg


しかし、普通に夜寝て朝起きる。

何て気持ちいいんだろう!

「客が怒ってスグ店長呼んで来いって言ってます!」
「弁当入れ忘れて、スグに持って来いって電話がきました!」
「酔っ払いに難癖つけられて、からまれてます!」
「レジが1万円以上合いません!」


なんていう電話に起こされることもなく、平穏無事に睡眠が取れることの心の安堵感は、本当に何十年ぶりです。

夕食を家族揃って食べる。

とても新鮮で幸を感じます!

ごく当たり前で普通のことですが今までほとんど経験出来ませんでした。

オギャーと生まれた長女も、気がつけば成人式を迎えました。

58152c3cbfd9319f75e5912f00307cdb_s.jpg


56b634f76481f2ba1c243e7fe00dc268_s.jpg


5d2dc929af8049ef0cc79efe807b767f_s.jpg



会話らしい会話もなく、父親としてはほぼ放置状態での親子関係。愚痴も文句もなく、一緒に堪え忍んでくれた家内に、家族に、心からお詫びし、同時にお礼が言いたい。


「約30年間、本当にお疲れさま。そして、ありがとう!」

9ff488d1db497be426ca641cc69967af_s.jpg




もし、万が一、売上低下→収入減→借金増加→長時間労働→家庭内不和という負の連鎖に悩まされているのであれば、今後の人生の自由と可能性を手に入れるためにも、少しでも余力がある内に早期に辞めるご決断をされるのも一つの選択肢ではないかと思います。

当ブログがそのためのヒントを少しでもご提供できれば幸いです。

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s.jpg



最後に、現在、成功されているオーナー様方々、また本部関係の方々から見れば、敗者の遠吠えに聞こえるでしょう。

もちろん反論もあれば、不快に感じられる部分もあるでしょう。

私は、自らの意思でFC契約を結び全て自己責任で開業しました。

そして、自らの意思で「廃業」を決断し、実行しました。

このような事態に追い込まれたのは、100%私の責任です。

当然、自己責任の名の下で、本部に対する不平不満は言うつもりは毛頭ありません。

当ブログ記事は私が体験した事実のみを記すものとします。

前置きが長くなってしまいましたがよろしくお願い申し上げます。


*2016/2/1 追記:タイトルの「コンビニを辞めた20の理由」には後付けの記事もあります。例えば、7.廃業が困難 8.辞めた後の再就職が困難 です。そのため、タイトルは「コンビニをやってはいけない20の理由」の方が適しているかも知れませんね。しかし、今更変える事も出来ませんのでこのままにさせて頂きます。ご了承下さいませ。
*2016/6/14 一部加筆し、画像を配置しました。当ブログの画像は全てイメージです。
posted by Sun9 at 22:53| コンビニ競争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする