2017年03月24日

妻の異変〜突然のお別れ?


それは、突然やって来た。


「ちょっと、すごい目まいがする。」


そう言いながら、座り込んで、苦しそうにしている妻。

洗濯物を部屋干しながら、何気ない会話をしていた最中での出来事。

確かに、以前も目まいがするとかで通院していた歴史があるが、苦痛でうずくまる程ではなかった。


「気持ち悪い? 吐き気する?」

「大丈夫。」


しかし、どう見ても大丈夫そうでない。

私は、躊躇なく119番に連絡した。

bbec6fd7f10e8c369a796be6395e5d89_s.jpg


そして、妻の容態が、さらに悪化していった。ゴミ箱を抱えて、嘔吐体勢に突入していた。

「きちんと話せるか? 両手足動くか? 目は見えるか? 頭痛は?」

ほぼ、無反応だ。

脳梗塞、脳溢血、くも膜下出血を疑った。

私は、救急車の到着に備えて、妻を玄関まで連れてゆき、長女とともに待機させた。妻は、完全に立てない動けない動かせない状態で、苦痛に歪む顔が痛々しい。

私は、外に出て、近づいてくる救急車のサイレンの方向に向かった。私は、目に飛び込んできた救急車に両手を挙げて合図を送り、自宅前まで誘導した。

簡単に状況を説明した。隊員の方たちに運ばれて、救急車に乗せられた妻は、微かな声で何かを言っていた。

隊員の呼びかけと、問診が続けられていた。

そして、さらなる容態悪化を知らされて、一瞬目の前が真っ暗になった。


「後頭部の鈍痛と、両手足にしびれが出てきたそうです。」


隊員の説明に愕然としながらも、妻を見守ることしか出来ない。かなり緊急を要する事態じゃないのか。

しかし、受け入れ先の病院がなかなか決まらずに、10分以上が経過した。そして、懸命の探索のおかげで、搬入先が決まり、そこへ急行した。

救急車は、他の車両を蹴散らして、職務を遂行してくれた。動揺のあまり、時間の感覚が麻痺して、何分で病院に到着したのか思い出せない。

ストレッチャーごと処置室に連れて行かれた妻を静かに見届けるしかない。

数分後、丁重に妻の安否を気遣う言葉を残して、隊員の方たちは何事もなかったかのように落ち着いて病院を後にしました。私は、深々と頭を垂れて感謝の気持ちを伝えました。

そして、検査のためと説明されて、身動きひとつしない妻が、移動していく状況を見て、普通の精神状態でいられなくなりました。途中で嘔吐したらしい痕跡が、首元の服に付着していたのを見て、ただならぬいやな予感がしました。


このまま帰らない人となるのか?

冗談じゃない。勘弁してほしい。


散々、苦労のかけ放題で、まだ何も償いをしてない。

目頭が熱くなり、自然に涙腺が緩む。


お願いだ。なんとか無事でいてくれ。

他界した、妻の両親、私の両親に合掌してお願いした。

何とか、助けて欲しい。何とかしてください。お願いします。


待っている時間が異様に長く感じる。待合室のテレビの音声が異次元の雑音に聞こえて、頭の中を素通りしてゆく。そして、妻との思い出の映像だけが、次から次へと蘇る。


オレを置いて、先に死ぬなよ。まだ、何もしてないだろ。今朝、伊勢神宮に行きたいって言ってたじゃん。勝手にオレを残して死なないでくれよ。


ハンカチを持ってないので、両腕の袖で熱いものを拭くしかない。

そして、時間の重みに押しつぶされそうだった。


約2時間後に、妻は戻ってきた。ピクリとも動かない。そして、吸い込まれるように、問診室に消えていった。

しかし、ここに戻って来たということは、少なくとも、まだ生きているということだ。

少なからずの安堵を感じた。そして、問診室に呼ばれて、妻の容態を知らされた。


「とりあえず、脳には異常は見られません。」


先生が、神様に見えた。


目の前のレントゲン写真を見つめていたら、静かにそう告げられ、ここ数時間の絶望と緊張から一気に開放されたため、無意識に顔面がくしゃくしゃになり、言葉がでなくなってしまいました。


「奥様は、コレステロール値と血糖値がかなり高めですね。気をつけてくださいね。」


先生のそのお言葉に返答が出来ずに、こっくりとうなずくのが精一杯でした。


「ありがとうございました。」


ヒソヒソ話風になんとか言葉にすることができた。


以前からの持病である目まいが、急激に悪化したらしい。点滴をされて、処置室に移動して、付き添いが許された。まるで蝋人形のように身動きしない妻が、ふびんでならなかった。

散々、つらい目にあわせて、苦労をかけ、汚名を着せて、ストレスMax連続の日々であったはずだ。しかし、彼女は逃げ出さなかった。あまり愚痴も言わなかった。ひたすら耐えて耐え抜いた。だからこそ、これからの人生は、

My Wife First 


でいこう、と決心していた矢先の出来事であった。


配偶者の突然の健康状態の急変を身近に体験して、近未来の想定される<決別>を疑似体験したと言ったら大げさかもしれないが、それが今生の別れとなる可能性を否定できない年回りに達しているというのも事実だ。

この感覚は、20代では、まだまだずーと先の話で、30代でもあまり身近に感じないだろう。40代にさしかかれば、多少は意識するかもしれない。しかし、50代に突入して、自分の健康状態の劣化を日々確認させられると、自分の人生も妻の(配偶者の)それもついに最終章に駒を進めたのかという自覚が出てくる。


「だから、オメーは何が言いたいんだよ。」



つまり、奥様(配偶者)が元気な内に、大切にしてあげましょうね、というお節介なご提案です。これは、親孝行したくとも、親はなし、と同じような思考です。


失いかけて思い知る、その大切なひとの存在価値。


自宅に戻り、薬を飲んで、静かに寝ている妻の傍で、この記事を書いています。(入力しています。)


とにかく、無事でよかった。

生きていてくれて本当に良かった。


しかし、残酷だが、考えたくもないが、

<永遠のお別れ>

は、いつかは避けて通れないシーンだ。


だからこそ、お互い元気なうちに、目一杯かみさん孝行をしなければと、ひしひしと痛感した一日でした。


6afd815b2c2877546f023560c6f7c076_s.jpg


posted by Sun9 at 03:06| 事件簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

コンビニ経営の光と闇

ご訪問ありがとうございます。


早いもので、自らリストラ劇を演じて、3年近くが経過しようとしている。

時間的自由、精神的自由を手に入れたはずだったが、あまりにも代償が大きすぎたのも事実だ。

c33a95102baf189877bf310e41f4705c_s.jpg


金融資産がほぼゼロになり、社会的信用も失った。そして、復活の光はまだ青白く微かに遠くに見え隠れしている状態だ。結果として、家族を道ずれに貧困と不安定な生活基盤に翻弄され続けているという事実は否定できない。

一家の主として、父親として、夫として、脱落した失格者に等しい。全ての努力が空回りして、手にしたものは破産の汚名と極度の自己嫌悪かもしれない。

子供たちに罵倒されて、嫁からは離縁状を突きつけられてもなんら不思議ではない。


今振り返ってみて、そういった状況の中で私は、このブログで一体何を伝えたかったのか。

やはり、コンビニ経営の難しさ、陥りやすい罠、不可抗力的な事柄などコンビニ経営に隠された闇の部分を出来る限り公開して、私のようなコンビニ破綻者を未然に阻止するというのが大義名分であった。

しかし、最近なって違和感を禁じえない。

確かに、人生の歯車が狂ってしまったのは、バブル経済にまんまとはまり込んでしまったということが最大の理由である。

d4002fd24abfa4acc2dcc74d2b706145_s.jpg


そして、その事実をこのブログを通じて再確認させられて、コンビニ経営の選択だけが唯一の人生失敗の原因ではないだろう、という気持ちが次第に芽生えてきた。

コンビニ経営の衰退とバブル経済のツケが微妙に(絶妙に)絡み合って、私の人生は取り返しのつかない結果を導き出したのだ。

もし、バブルがなければ、株や土地、商品先物の失敗がなければ、何とかうまく契約終了に持ち込めたのではないか。

タラレバの話は禁物だが、少なくとも会社倒産、夫婦で仲良く自己破産の道は免れたのではないか。

この気持ちは、ローソンのオーナー募集説明会に参加(潜入レポ〜オーナー募集説明会)してから、その傾向が強まった。



あなた様は、検索でお越しいただいたのでしょうか?

ちなみに、昨日(3/12)は google検索で98アクセス、Yahoo検索で86アクセスご訪問していただきました。

スクリーンショット 2017-03-13 23.32.26.png


そもそも、なぜ、私の暗くて面白みのないコンビニ破綻者の懺悔録にご訪問になられるのか。

悲惨なコンビニ経営の実態を知りたいという方もいらっしゃいますでしょう。

落ちぶれてゆく人生の落伍者の体験記にご興味をもたれた方もいらっしゃいますでしょう。

しかし、少なくとも、コンビニ経営にご興味を持たれて、その実態が知りたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。


「こいつ、なんでコンビニやめたんだろうか?」ちょっと覗いてみるか。


そして、もし、あなた様がそのような方でいらっしゃるとしたら、コンビニ経営を始める理由、確信が欲しいとお考えになり、検索されたのではないでしょうか。(間違いであれば、ごめんなさい。)

思うに、可能な限りの困難を吟味し、コンビニ経営を始めるための覚悟を固めたくて、当ブログをご訪問される方も必ずいらっしゃると思います。コンビニ経営への熱い思いを断ち切るため、諦めるため、断念するために当ブログをご訪問されるという方は少ないのではないでしょうか。(多分)

しかし、このブログの蓋を開けてみれば、見事なまでのマイナスオーラでまくりの悲惨で暗く、面白みのない、コンビニやる気満々の御仁にとっては、まさに、胸くその悪い内容に愕然とされるでしょう。

7feea7bca12e4494ad02f8bccf9ab547_s.jpg


そもそも、そのやる気をそぐ、ヒートアップしたマインドをクールダウンさせることが、当初の私の使命であり目的であると豪語して、ひたすらにブログを更新してきました。


しかし、ここにきて、少し部分的に方向転換したブログを立ち上げようと決心しました。

先日も潜入レポ〜オーナー募集説明会の最後に、発作的に思いついたタイトルをヒントに以下のタイトルで立ち上げます。

「コンビニを始めるための20の覚悟」
〜約30年の経験から導き出された困難クリアへのヒント

コンビニ経営に夢を抱き、真剣に勝負してみたい。

0e93cb004cc310750a3d44a6b502dca3_s.jpg


「オレは、お前のようなヘマはしない。絶対に成功してみせる!」


その熱い気持ちは、誰にも邪魔されたくはないはずだ。もちろん、あらゆる困難はある程度予知していることでしょう。今のご時勢、知りたいことがあれば、PCとかスマホで検索すれば、何でも手に入る。考えられる困難と厳しい状況は、もう覚悟ができているはずですよね。

あと一つ。何か確信がほしい。誰かに背中を押して欲しい。スタートさせる根拠が欲しい。

4969ba841a8b94fb29aeb69f4f5e2fb1_s.jpg


そのような御仁のお力になれるように、内容を吟味して、有効な記事をご提供したいと考えるようになりました。

想定される困難(当ブログ20の理由)はもう既に分っている。そして、その対処方法もある程度理解できていれば、恐怖心は限定的となるでしょう。

そのために、少しでも貢献させていただければ、私の苦渋の30年間も報われるのかもしれません。貴重な体験と胸を張れるかもしれません。(自己満足的な行為かもしれませんが。)


「破産者が、何を偉そうに語ろうってんだよ。ふざけてんのかよ。」


いえいえ、滅相もございません。

万難を排して、コンビニ経営に挑戦してみたい。死ぬほど大変なのは承知している。家庭内不和のリスクも、破産のリスクも、離婚のリスクも知っている。


e85e406b86c68cd5abae5059616e38fd_s.jpg



でも、どうしてもやってみたい!



fc0827f351a1f069a316268a7650fc19_s.jpg



そういう人の役に立ちたいだけです。多少なりとも、安心感をご提供できればと思っただけです。

人間、誰でも、人様のお役に立ちたいという気持ちを持っています。私も、単純に、人様の熱い心を無理やりさますことに集中するよりも、その情熱に花を添えるようなお手伝いができた方が、精神的にも前向きな気持ちになれます。

私の経験に基ずく想定される状況とその対処法が、少しでもお役に立てれば幸いでございます。


今では、コンビニ経営が、100%失敗という結果を招くとは限らないと考えます。ご成功されている方も確実にいらっしゃいます。問題は、その契約パターンに応じた将来のビジョンを的確に描いておかないと、後々痛い目にあうということだけだと考えます。

特に、一代親方に等しい、低レベル契約の個人事業主は、まず契約上その地位を継承できない(再契約できれば別だが)ことを十分に理解して、将来のご自分の姿を見据えておかないと、かなり厳しい現実に直面するのは避けられない。現在の私がそのモデル的存在と言っていい。



「おい、じゃ、このブログはどうすんのよ。」


このブログも継続させていただきます。ここにきて、当ブログが奇跡的に3月某日のベスト50に滑り込んでいるのに驚きました。ベスト10入りを目指してまだまだ挑戦してみたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

スクリーンショット 2017-03-13 18.14.32.png



コンビニの光と闇。光の部分は、「コンビニを始めるための20の覚悟と対処法」で語り、闇の部分は「コンビニ経営を辞めた20の理由」で公開してゆきたいと思います。

”光”のブログがスタートしましたら、ご報告させていただきますので、宜しくお願い致します。


実は、先日ローソンから封書が届き、開封してみたら LAWSON STORE100のパンフレットであった。そして、数日後に担当者から家電に連絡があったという。LAWSON STORE100 では、一人でも加盟できるプランがあるらしい。

私の年代から、新たに第二の人生のスタートとしてコンビニ経営を選択しよと本気でお悩みになられている方もいるかもしれません。

散々痛い目に合ったこの私でさえ、LAWSON STORE100 に多少なりとも興味を抱いてしまっている。担当者に連絡を入れてしまったら、その後の展開はかなり流動的になってしまうだろう。

コンビニ経営は、それほど危険で甘い誘惑なのかもしれない。

コテンパンにやられた私ですら、ふと再起を期待してしまう自分に唖然としてしまう。未体験の御仁が魅力を感じないわけがないのもうなずける。


光を選択するも、闇を選択するも、あなたさまの自由でございます。


ed808cda319caffd2be6b4772cc4e67b_s.jpg



まさかではあるが、「コンビニ再挑戦! 新たなる伝説の始まり」なんてタイトルがお目見えする可能性も否定できないのが怖い。(笑)


私の死に場所は、やはりコンビニなのか。


1447df3ea1b1fee3abdfdaf27ed01e99_s.jpg



いやいやいや、絶対あり得ない。


たぶん。


ご訪問ありがとうがとうざいました。
posted by Sun9 at 18:01| つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする