2017年02月16日

バレンタインデーの思い出

ご訪問ありがとうございます。

昨日は、バレンタインデーということで、あなた様は素敵な時間をお過ごしになられましたでしょうか。

男性から女性に贈る逆チョコ、女性が友達に贈る友チョコなど、昔に比べたらその応用範囲はかなり強引に広げられているような気がしますが、お祭り好きの日本人には好都合なイベントとして、さらに進化していくのでしょうね。

例年、義理っぽいチョコを娘達からもらっていたが、今年は、かなりレベルアップしていた。

まず、長女が前日にサプライズ的に唐突に手渡してくれた。

DSC_0140.jpg


DSC_0142.jpg



「パパにあげても、いつもお返しなしだからなぁ」

本音を家内から聞かされて、去年は現金で5000円づつ二人に渡した。

正直、これは痛い。なにしろこちとら破産者で、預貯金ゼロだ。しかも、バブル不動産に手を出して、一生涯のおこずかいを配偶者から没収された身だ。

義理の姉(嫁のお姉さま)から頂いたお年玉をキープしていて、なんとか乗り越えることができたが、今年のホワイトデーがもうかなりのプレッシャーだ。

その甲斐があっての結果だとは思いたくないが、たぶんそうだとしても当然のなりゆきだろう。

そして、次女はメモ付きの手作りチョコだった。

DSC_0148.jpg


これは、かなり手が込んでいて、普通のチョコ、エアタイプ、抹茶ノーマル、抹茶のエアタイプとかなりレベルの高い出来だった。

あまりの美味しさに、一気に口にしてしまい、呆れられてしまったが、マジウマであった。

やはり実弾(現金)の力は恐るべし!



また、嫁からは自然消滅状態であったバレンタインのセレモニーは、遂に今年復活した。

な、なんと、通風ではあるが、歓喜に震えた。

DSC_0156.jpg


アルコール禁止の身分でありながら、嫁自らその掟を破ったのだ。

「あなた、最近、元気ないから。これ飲んで、気分転換して。」


泣かせます。

薄給で、いつもお金がない、ない、ない、と騒いでいる彼女にとっては、よほどの覚悟がいたはずだ。


こんなにバレンタインデーを楽しんだのも初めてのような気がする。


毎年、売れ残りのチョコを仕方なく持ち帰り、蒸せるほど口にすれば娘達の義理チョコもかすんでしまっていたのだろうか。

思うに、バレンタイン商品はもうすでにコンビニでは売り上げを取れない時代となってしまった気がしてならない。立地にもよるのだろうが、住宅立地ではかなり厳しいのではないか。

コンビニでいったいどんな人がバレンタイン商品を買うのか。

商品の種類とボリュームを求めるのであれば、スーパー、専門店などで購入するのが定番ではないかと思われる。

コンビにではもはや低額の義理系のチョコと15日のごめんなさいチョコしか売れないのではないか。

私も、この時期かなり廃棄を出して閉口した。年ごとに昨年対比を割り込み、晩年では、もう季節エンドの棚(コンビニ出入り口に一番近い棚、たいていは出入り口に一番近いレジの前の棚のこと)3枚でしか展開しなかった。

100〜300円クラスの義理系しか動かない。そして、高額ものは見事に売れ残り、値下げ(ほとんど半額)をしても売れない商品は売れなかった。確実に赤字だった。本部担当は、ノルマを背負い込んでいるのか、必ず昨年対比でプラスの数字を発注するよにしつこく案内(強要)してくる。

そして、廃棄の山を目の当たりにして、もう絶対本部の言いなりにならないぞ、と強く決心するのだが、そのシーズンがくれば、なぜかまたその気になり、根拠のない確信に振り回されて、博打をしてしまう。その繰り返しだった。

商戦ムードを盛り上げて、オーナーをその気にさせて、いかに大量発注に繋げるか。それが本部担当の腕の見せ所なのだろう。それはそれで、大変な仕事だと思うが、彼らにはドミナントの恐怖は理解できない。廃棄の痛みすらも理解できないだろうう。だから、本部担当の利益(実績)は、オーナーの経営リスクであり、部分的に店舗の損失に直結すると理解しておく必要がある。

本部のビジネスモデルにどっぷりとはまり込んで、せっせと年貢を納めていた自分が滑稽に見える。なにしろ4億円近くも献上して、自分は破産だ。こりゃ、喜劇だろ。笑い話だろう。

店舗で売れようと残ろうと本部は、店舗が仕入れを起こせば、ほぼノーリスクで利益を手に入れることが出来てしまう。

だから、季節ものは売れないとわかっていても本部は扱いを絶対止めないだろう。オーナーの意思とは無関係に、本部推奨の仕入れをしなければ、契約違反という流れが待ち構えている。

独立した経営者と定義されていても、自由に仕入の決定権すら許されない。


店舗オーナーとはかなり不自由であると認識しておく必要がある。私から言わせれば、直営店の店長と変わらないのではないか。

いやいやいや、直営の店長の方がはるかに優遇されている。

社会保険完備で、有給あり、ボーナスあり。残業代も出るし、休憩時間もある。ドタキャン、人手不足の穴埋めの役目は大変かもしれないが、サービス就労ということはないだろう。


あなた様は、お金を払ってまでも、この不自由なオーナーになりたいと思われますか?



余談ですが、本当に発注したくないものがあれば、いい方法があります。


「すいません。送信ミスしてしまいました。」


本部に対して、この一言で十分だろう。当日の朝の定時(たいていは9:30頃と思われるが)に発注データが送信できなければ、すべてが白紙になってしまう。発注実績0ということになる。(後からの電話連絡発注はNG)

もちろん期日定時直前まで発注入力をしておかないのが原則だ。発注期日前に起案して送信してあれば、それはもう既に発注確定されているため、当日に送信ミスをやらかしても、その実績が残っているため問題なしだ。しかし、私は、発注の締め時間ギリギリで送信していたため、しばしば痛い目に遭っていた。記憶に残る送信ミスで、正月の印刷済み年賀状、ホワイトデー商品、などが思い出される。これをクリスマスケーキとかの予約商品でやらかしたら、大変なことになる。自力で、予約当日に同じ商品を探し出し、提供しなければならない。しかし、そんなのは到底無理だ。私も一度だけ経験があるが、お客様に事情を説明し、謝罪するしかない。そして、当然、返金処理をして、代替品を無償で提供した。

また、この送信ミスを日々の弁当類、おにぎり、サンドイッチ、菓子パンなどでやらかしたら、これも大変なことになる。

翌日の弁当の棚が空っぽで、お客様に言い訳するのに大変な苦労をすることになる。折角、目的買いでお越し頂いても
売るものがないわけで、本当に申し訳ない気持ちになる。


「弁当、おにぎり、何もないね。」

「申し訳ございません。朝方まとめて売れてしまって・・・」


嘘つく自分に嫌悪しながらも、何回も同じ言い訳を繰り返す羽目になる。

正直、この送信ミスネタは、未だに夢でうなされる。何時間もかけて発注したのに、全てパーだ。本部指示通り、こまめに発注起案をして、その都度送信すれば問題ないのだが、いつも他ルーチンに追われてギリギリのところで送信していた。


「発注したら、その都度、コンピューターで自動送信とか設定できないんですか?」


しかし、発注データ自動送信は法律上の問題があり手動でしか送信出来ないとのこと。


だから毎日が時間との戦いでした。


時間に追われ、仕事に追われ、人手不足に足を引っ張られ、金欠に泣かされる。ワンオペでボロボロになり、深夜明けで思いっきりのドカ飲酒、ドカ食いにはまり、メタボを引きずることになる。挙げ句の果てに、家族だんらんから見放され、子供達との時間もすれ違いとなり、マネージャーとは見事なまでの家庭内別居という事態が当たり前となる。


「お前、イイことまるでないじゃん。そんなんで、人生楽しいのかよ。」


「確かに、当時は本当に大変でした。しかし、自分のペースで仕事ができるし、人間関係に悩まされることもない。ある意味、店舗では自分が法律だった。約30年ぶりでサラリーマンに戻り、今切実に感じるのは、耐えられない仕事などはまずないということ。我慢できないのは、その置かれた特異的、習慣的劣悪な人間関係だということです。そして、何とか生活できるレベルなら、コンビニオーナーの方が、まだマシなんじゃないかなという気持ちがふと湧いて出てくるのは否定できないです。」

「後悔かよ。」

「いえ、辞めたことに対する後悔は絶対にありません。ただ同じ精神をすり減らすのなら、まだコンビニオーナーをやっていた方がマシかもしれない、という経験的意見です。」


コンビニオーナーも、一概には否定できない部分もあるという認識が最近芽生えてきました。


ご訪問ありがとうございました。





posted by Sun9 at 21:56| つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

マスコミの逆襲か〜セブンイレブンの闇が遂に報道される

ご訪問ありがとうございます。


遂に、審判の時が来たのか。

マスコミがこぞってセブンイレブンの闇の部分にメスを入れる事態が起きた。お茶の間にブラック体質ををさらけ出し、その異常かつ悲惨な事実が明るみにされた。

14b808f7a2fa97680f8fdce5f63b0c17_s.jpg




〜 親会社セブン&アイ・ホールディングスの広報センターなどによると、女子生徒は1月後半に風邪のため2日間(計10時間)欠勤した。26日にアルバイト代を受け取った際、給与明細には25時間分の2万3375円が記載されていたが、15時間分の現金しか入っていなかった。手書きで「ペナルティ」「9350円」と書かれた付箋が、明細に貼られていた。

 店側は「休む代わりに働く人を探さなかったペナルティー」として、休んだ10時間分の9350円を差し引いたと保護者に説明したという。

 広報センターの担当者は毎日新聞の取材に「加盟店の法令に対する認識不足で申し訳ない」と話した。「労働者に対して減給の制裁を定める場合、減給は1回の額が平均賃金の1日分の半額を超え、総額が賃金総額の10分の1を超えてはならない」と定めた労基法91条(制裁規定の制限)に違反すると判断したという。

 厚生労働省労働基準局の担当者は「代わりの人間を見つけるのは加盟店オーナーの仕事」と話す。母親は「高校生にとっては大金。立場の弱いアルバイトが差し引かれ、せつない」と語った。





スクリーンショット 2017-02-02 18.01.55.png


これは、まさしく異常だろう。

破産したこの元オーナーですら、違和感を感じるし、そのバイトの女子高生が本当に気の毒だと思う。ドタキャンしたとか、無断遅刻常習者であらかじめ就業規則に取り決めがあればある程度の金額は致し方ないかもしれないが病欠でのこの扱いは異様としか言いようがない。

一般的な会社でも、休むなら他の人間を探せ、代わりの人間が探せなかったので罰金払え、なんてありえないですよね。


しかし、同じオーナーとしての経験者から言わせれば、その気持ちは痛いほどわかってしまうのが悲しい。


「甘えるんじゃないよ。こちとら、風邪ひいても怪我しても休めない。病気になるのは体の自己管理できない自分が悪いんだろ。病気で休むなんて全て自分の責任じゃないか。せめて、その穴を埋めて休めよ。替わりの人間を自分で見つけてくれよ。それができないなら、とりあえず出てこいよ。その状態をオレが見て確認して、オレが判断する。」



3d7b24a3f0fa73bdaa0fe34df21586c6_s.jpg



これに近い感情に支配されたことは確かに私にもある。だが、そんなこと言えるわけがないだろ。


「よし、あと1時間で帰れるぞ。今日は忙しくて、疲れたな。15時間労働からやっと解放される。家に帰ったら一杯やるか。」


そして、病欠のドタキャン連絡が来たら、そりゃ、がっかりするし、頭にもくる。


「ふざけんじゃねーよ。殺す気かよ。やってらんねー。」


4396cec4256b46ae3a773cfd35594b61_s.jpg



このオーナーの行き場のない怒りが、その無謀なペナルティーとして具現化されたのだろう。

だが、現実問題として、インフルエンザだったら、無理して来られても大変なことになるだろう。また、無理に出勤させて、万が一勤務中に倒れて救急車騒ぎにでもなったら、それこそ責任問題に発展しかねない。

一応、可能な限り、自力で他のスタッフに当たってみてくれと伝えるが、まず無理な場合がほとんどだ。それこそ、週二回程度で夕方シフトしか入っていなければ、他のスタッフとそう会う機会もないだろう。そして、オーナー自ら緊急のチェンジ要員を探すことになる。そして、誰もいなければやはり自分が埋めることになるのだ。

そもそも、なぜオーナーは代わりの人間を探してくれと無理難題を押し付けてくるのか。

これには、オーナーサイドのある思惑が見え隠れする。事実、私も同じ気持ちだった。そのカラクリはこうだ。

いかなる理由であろうと、突然に当日シフトに穴を開けられたら、たまったもんじゃない。なんとか自力で、同僚、先輩、後輩に声掛けをしてもらい、万が一にも救世主が現れれば儲けもんだし、そのスタッフ間のコミュニケーションがシフトの代打の打診として、店舗の文化、暗黙のルール、自然な流れとして根付いて習慣化されれば、オーナーの負担はかなり減らすことができる。

「了解。この前、助けてもらったから、今度はオレが代わりに出るよ。」

スタッフ間のシフトの交代の貸し借りがうまい具合に回転すれば、オーナー自ら人を探す手間も、自ら代打シフトインするリスクも抑えることができる。

これは、慢性的な人手不足編でも触れたが、親子、兄弟シフトによるお互いのシフトをカバーし合うという事例に近い効果がある。事実、このシフトの貸し借りがスタッフ間でメジャーなルールみたいになれば、本当に助かる。

しかし、この暗黙のルールも万全ではない。そのルール通りいかない事態も、当然覚悟しておかなければいけないし、現実に自分が緊急のシフトの穴埋め要員となった場合は、クタクタでもヘトヘトでも受け入れるしかない。

5b45a37d5f16917809adf0f7cbb38650_s.jpg


これは、ある意味本当に辛いが、耐えるしかなかった。

帰宅時間を前提に無意識で体力のペース配分をしている。オーナーといえども、突然の残業はかなり心身にダメージを与える。命が削り取られてゆくのが自覚できるほど、疲労感と失望感に包まれる。しばし立ち直れない。

だが、それが、コンビニオーナーなのだ。

そういう事態も想定して、24時間生活していなければいけないのだ。問題を起こしたオーナーは、その自覚が足りなかったのではないか。偉そうに言える立場ではないが、それが奴隷の宿命と腹をくくり、諦めるしかない。私も、似たような事例はかなり経験した。


「わかった。それじゃ、こっちでも探してみる。次回シフトもダメそうなら早めに連絡してね。じゃ、お大事に。」


自力で見つけられない連絡が来たら、平常心でこう伝えるしかない。(怒った口調でないという意味)

しかし、ペナルティーなど有り得なかった。


この事件で、コンビニ業界はさらなる人手不足に見舞われるだろう。

一番怖いのは、労働基準法もろくに理解してない人間がオーナーをやっているという事実がマスコミを通じて世間一般に認識されてしまったことだろう。

それじゃ、有給休暇なんて絶対に取れないに決まっている、と推測されてしまうだろう。レジで不足を出したら、弁償させられるに決まっている、と連想されてしまうだろう。労災保険にも入ってないと勝手に判断されてしまう。

ブラック体質のマイナスイメージが連鎖して推測され、ますます人が集まらない業界となってしまうのはもはや避けられない。真面目に努力して、好調な店舗も、人材の面に関してはこれからの苦境が浮き彫りになってくると想定される。


さらに今回は、あの業界ガリバーのセブンイレブンの失態をもろにロゴマーク(店舗看板)を出して、報道している。

47c2a67b21ebcb67d9236a06d2370ae3_s.jpg


個店での不始末ではあるが、本部の不始末でもあるという見方が自然だろう。

同社が2015年にブラック大賞に輝いた時は、マスコミはこぞってその事実をシカトした。広告業界において最大顧客のセブンを怒らせたら、それこそ生き残れないほどのパワーがあったからだろう。

しかし、今回は、堂々と名指しで報道しているし、その特集においては堂々と批判のコメントも聞かれた。

b2233d94eb7a568f590e471b60a7b35e_s.jpg


この流れは、一体何を意味するのだろうか。

私が、以前、コンビニ業界の再編(2)で予測した流れがきているのか。

カリスマを失ったセブンは、まさしくそのサインを出したのか。

そして、今回の報道は、セブンのペナルティー事件を報道すると同時に容赦なくコンビニ業界の闇を突いてきた。日テレの昼間の番組(ミヤネ屋)で報道されていたが、全てセブンが主犯格と感じさせる構成と感じてしまったのは私だけだろうか。その内容は、コンビニの表舞台からは想像もできない、かなり悲惨な慣習だ。



店舗オーナーによる販売ノルマの強制は平然と蔓延している。

特に最王手のセブンのそれは、かなりディープだという。私の甥っ子も、大きなクリスマスケーキを2個も買わされたとこぼしていたのを思い出した。

代表的な事例として、お中元、お歳暮、クリスマスケーキ、おせち、恵方巻き、土用のうなぎなどがあげられる。さらに、コンビニ各社の主力の電子マネーカード(S=nanaco、M=waon等)の販売ノルマがあったりする。

381fe68d65602617edc35bfe13f64f57_s.jpg

7964e0d3bca61c50b6c9b180a67348d7_s.jpg

a55579b38156b59ecf8464ea0c6b1a12_s.jpg

e67b698b252b13943790a992bfd7b6e1_s.jpg



確かに、天性の才能で、人様に売り込みをして、上手に販売に繋げることができる人も中にはいるが、そんなのは奇跡に近い。

「クリスマスケーキは、もうお決めになりましたか?もしまだなら、よろしくおねがいします!」

と微笑んで、無差別的にカタログを渡したところで、外のゴミ箱に直行だろう。かわいい愛嬌のある女性ならまだしも、きもい中年オヤジや、根暗風のオタク系お兄さんがアプローチしたところで、その効果はかなりゼロに近い。

そんなのは、オーナー自身が一番理解しているはずだろ。つまり、ノルマが達成されないのは100も承知なはずだ。しかし、本部担当から昨年対比クリアーを名目に、厳しい数字を突きつけられているオーナーは、もちろん自己消費もするが、手に余る部分は他のスタッフ達にノルマという形で押し付けて、少しでもノルマを消化しなければ、店舗販売ノルマを達成できない。

これは、店舗スタッフにとってはいい迷惑だろう。ノルマという精神的プレッシャーをかけられ、挙句の果てにはそのノルマ達成のために苦し紛れで自己買取の道を選択せざるを得ない。

20個のノルマを課されて10個自己買取。それでもノルマには満たないが、オーナーとしたら御の字だろう。少しでも店舗販売ノルマが減らせれば、有難いはずだ。


ある意味、販売ノルマとは自己買取のノルマなじゃないのか?と言えなくもないだろう。

さらに、バックルームには販売実績の棒グラフをご丁寧に作成して目立つところ掲げてある店もある。

e697e8a3137671e4073ea073012d528e_s.jpg


こういうことを高校生とか大学生に、社会の厳しさを学ぶべきとか吹聴して、一方的に押し付けているのが表面化された訳だが、こういう事実は、あまり知られていなかったようだ。

これでますます、コンビニ業界での人手不足の深刻化は決定的となってしまった感がある。

事前にこのようなノルマの説明がきちとなされて、雇用契約書にも明記されていれば、問題ないという話があったが、このノルマの説明を受けて、いったい何人の人間がやる気を起こすだろうか。

「お中元、お歳暮、クリスマスケーキ、おせち、恵方巻き、土用のうなぎには販売ノルマがあります。」

「ノルマを達成でなかった場合はどうなるんですか?」

「ご家族とか、友達とかに協力してもらって、なんとかノルマに近い数字は達成していますよ。」

7d91f5ff593f3ef89c5697f0b94419fc_s.jpg



ここまでの説明を聞いて、ほとんどの人が希望バイト先リストから外すだろう。



今回のセブンイレブンのブラック体質の一面が報道されたことは、まさにある時代が動き出した証拠だろう。

cf9368524e6c6b9a3fca62f82c466ded_s.jpg


今後さらに攻撃的なコンテンツが垂れ流される可能性は高いと見ている。

カリスマを見限り、迷走するのか、一時的な停滞を経験して、さらに業績を伸ばしてゆくのか、まさに一寸先は闇だ。

しかし、マスコミの豹変ぶりを見せつけられて、セブンの一人勝ちを否定的に捉える傾向が出てきたのも見逃せない。三菱化したローソンがここぞとばかりに市場に参戦(オーナーの大量募集)しているのはその辺に理由があるのか。

そして、御三家による、さらなる熾烈な戦争がもうすぐ幕が切って落とされるだろう。

そして、悲しいかな、犠牲者は常にオーナーとマネージャーだ。

4d2d73a8566990942ff96324a1fef1e5_s.jpg


各社のドミナント戦略、他チェーンによる侵略的な出店攻勢、ミニスーパーの乱立。厳しい現実が襲いかかる。そして、戦争に巻き込まれたら、それこそ生き死にの戦いになるだろう。

なんとしても生き残るべく努力し、家族をも巻き込み、自らは疲弊しきって命を粗末にしてしまうリスクを取るのか。

余力のあるうちに現状に見切りをつけて、新なる旅立ちを目指すのか。

b7ad7528030d272f4e2838d9e91b94df_s.jpg



それは、オーナーの決断次第だ。


しかし、健康だけは、くれぐれも気をつけて頂きたいと切に願うばかりである。


ご訪問ありがとうございました。



posted by Sun9 at 23:07| つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする