2016年06月17日

客シェルター

ご訪問ありがとうございます。


長年のコンビニ就労で、いろいろなお客様に遭遇しました。その中でも、良くも悪しくも個人的に忘れられないお客様がいらっしゃいます。ふと、その中の一人を思い出したので、記事にしてみたいと思います。時期は思い出せませんが、都内の店舗での話しです。


「あの、すいません、駅から知らない男の人に後を付つけられてるんです。助けて頂けませんか?」

28b33a54eacbe8d455f92ec66ad65133_s.jpg



やや恐怖で紅潮した表情から放たれた言葉に緊迫感を感じた。


20代半ば?浜崎あゆみさん似でエレガントなスーツを上手に着こなしていてハイレベルのオシャレ感オーラをこれでもかという程強烈に放っていた。


110番通報の余裕はない。ストーカーくんが、突入してくるかもしれない。


「じゃ、こちらへどうぞ!」


すぐにレジ横のスイング扉から奥のバックルームへ案内した。


夜の23時頃だったと思う。まだ二人体制のため多少の身の自由がきく。


「どんな感じの男ですか? 店内に今、いますか?」


ストーカーくんの乱入が確認されれば、即、110番だろう。


暗くて、人相は良くわからとのことでした。一応店の外に出て周辺を確認しましたが、不審者はいませんでした。

「あの、暫くおじゃましていてもいいですか?」


ダメという理由はない。むしろ身の安全のためそうした方がいいだろう。その周辺は以外と危険で、近隣で殺人事件とかも何件か起きていた。

30分ぐらいして、彼女は自宅に向かいました。


日本は夜に女性が一人歩き出来る程安全だという。しかし、場所によりけりだろう。出来れば、女性は夜(深夜)は一人で外出しない方がいいに決まっている。


そして、その浜崎あゆみさん似のお客様には店内で度々お会いする機会があった。常連さんの認識が芽生えて、挨拶から、多少の会話も許された。そして、わずかではあるが情報をゲットできた。確か24歳とお聞きした。ご自分で衣料品ショップ(自社ブランド?)を立ち上げて、社長業と店員を兼ねて日々忙しく生活しているとのこと。

b632f1718038c3c4d2a5ed23efa7fc89_s.jpg


なるほど。そのハイセンスな身なりで納得できた。夜遅くなる理由も理解できた。そして、その後も何度か同じようなストーカー騒ぎがあった。そして、その都度、バックルームを提供した。

そして、某日夜24時ごろ、


「店長、また誰かつけて来る!」


阿吽の呼吸でバックへ通す。


「しつこいヤツですね。いつものヤツなんですか?」

f2773c331c3a349c5e16b550744cba6d_s.jpg



「暗くて、よく分からないのよね。」


「危険ですから、警察呼びましょうか?」


「大丈夫です。」


しかし、こう何度も続くと、かなり悪質なストーカーだ。毎日彼女の帰りを駅で待ち伏せしているのだろうか。
でなければ、神出鬼没的に後追いなど出来る訳がない。

2724b3740d5b74dec2b1e0ad44d51b53_s.jpg



「なんだか、嫌な予感がするので、私でよければ、近くまでお送りしましょうか?」


無言と言う事は、肯定と理解するべきだろう。

48eec26eb4bdfe289ac6bb8fec9e3abb_s.jpg



「じゃ、行きましょう。」


私は、棚に使うフックを隠し持ち、彼女と共に店を出た。


「一度、警察にご相談されたらいかがですか?」

無言でうなずく彼女は、言葉なく、静かにゆっくりと歩いていた。歩くスピードに危機感がないのが気になったが、私の同伴で、安心しきってくれているのだろうか。ポケットに隠し持ったフックを握りしめて、緊急事態に備えた。


「もうすぐそこだから、ここで大丈夫です。ありがとう。」


彼女が消えるまで、一応見守った。


そして、不思議なことに、それ以降、彼女の姿を見る事はなかった。恐怖を感じて引っ越ししたのかもしれない。まぁ、何事もなくてよかったじゃないか。

そして、彼女のこともいつしか記憶から自然消滅していった。



なんだ、つまらねー話、と思われましたか?


実は、話(ネタ)は、ここからです。


油ギッシュな中年オヤジになり、過去の事実を自分の中で都合のいいように解釈したくなる傾向がある。この悪癖により、このストーリーは以下のように強引に変換されてしまった。

0.00001%でも、その可能性は否定できないだろ?と開き直った、見苦しいオヤジがいる。

以下は、あくまでも、空想小説とご認識頂きたい。気分を悪くされた方がいらっしゃったらお詫び申し上げます。

==============

あれから、もう、少なくとの15年以上は経過してる。その後、考えると、多少不思議な事に気がついた。

毎回のお騒がせのストーカー男。

b41519ae7d585468a5b8a95521c87be3_s.jpg



彼女の入店時に、早歩きで、神妙な顔でレジ前に直行してくれば、状況はスグに理解出来た。あるとき、スグに店の外に飛び出して、その不審者を探した。


でも、いないんですね。それらしき人物が。


何回か試してみたが、結果は同じだった。

当時は別段、何も感じてはなかったが、後から冷静に考えれば、少しおかしくないか?

単なる思い過ごし? 被害妄想? だったのだろうか。

そもそも、それほど執拗なストーカーくんなら彼女の後を追って店内に侵入してきてもおかしくないだろう。何時間も、彼女が出て来るのを店内、または店の外で待つだろう。駅で彼女の帰りを待つ程の忍耐のある男だったら、当然の成り行きだ。なんだか、つじつまが合わない。

ストーカーくんはなぜそうしなかったのかという疑問が暫くしてからずーと残っていた。また、警察の介入もなぜ拒否していたのか理解できなかった。


また、さらに冷静に考えれば、ストーカーに敏感な女性が、得体の知れないコンビニオヤジ(当時は若干若さが残っていたが)に自宅が特定されてしまうかもしれない行動を許可するだろうか。

なぜ、私が送ると言った時、断わらなかったのだろうか。



「送りオオカミ」というリスクは考えなかったのだろうか。

84f03b480c6f43d87e35588b5fbf3237_s.jpg



ここで、一つの仮説が頭をよぎった。


そもそも一連のストーカー騒動は、




狂言





だったと言うのか?

322970.png


そうだとしたら、なぜだ?


彼女は、架空のストーカー犯をでっち上げて、オレに近寄って来たんじゃないのか?♪

2ee3ca5e3fe688b44f4e6047c9c2b5a5_s.jpg


バックルームに入り込んで、オレの告白を待っていたんじゃないのか?♪

オレに送らせたのは、自宅を教えるためだったんじゃないのか?♪

自宅に来ないオレに「意気地なし!」と見切りをつけて、店に来なくなったんじゃないのか?♪



どぶろっくの聴き過ぎかもしれない。




少々、悪乗りしすぎでした。不謹慎な内容にお詫び申し上げます。

真面目な話です。

実は、ここが本日の肝です。

突然町中でストーカーの恐怖を少しでも感じたら、遠慮せずに迷わずにコンンビ二のバックルームに逃げ込む事をお勧めします。

83f01a7535d6a40d968f4720fe93c1eb_s.jpg
(画像はイメージです)


もし、レジが込んでいたりして、状況を説明できない時は、トイレに逃げ込むのもいいかもしれません。それさえも不可能なら、勝手に<Stuff only>エリアに侵入しても構わないんじゃないか。あとで事情を説明すれば何とかなるんじゃないかなと思う。

人命、身の安全が第一です。

ためらわずに、行動してください。



お願いして、断わるオーナー(スタッフ)はまずいないと思う。事実、子供の逃げ込み場所として、告知されている。

冷暖房完備、見張り(オーナー、スタッフ)付きトイレ付きの24時間営業のマン喫レベルです。

5be39671a487bd1ac77ae4deaee4cd41_s.jpg
(画像はイメージです)


安心して、無料でご利用くださいませ、と言いたい。

核シェルターのごとく客シェルターとして、地域に安全を提供するのもコンビニの社会的使命だろう。

さらなる身の危険を感じたら、そこから110番通報すればいい。



ご訪問ありがとうございました。
ラベル:逃げ込み寺
posted by Sun9 at 17:27| 事件簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

110番119番通報

ご訪問ありがとうございます。


「事件ですか、事故ですか?」

繋がると受話器の先で、早口で尋ねて来る。

緊迫した口調に飲み込まれて、たびたび二の句が出てこないときがある。

「あの、その、えーと・・・○○のコンビニです。」

的外れの返答で、恥ずかしい思いをしたことも何回もある。


幾度となく遭遇した状況だが、コンビニに在職中は、色々と110番、119番通報にお世話になった。

38287a7a3a02f81f796ecf0334286ac1_s.jpg


日常の生活では、あまり縁のない110番、119番だが、必然的に、またはお客様の身の安全、利便のためにやむを得ず連絡するという場合がしばしばあった。


私が体験した、記憶に残るケースをお話します。

=119番編=

bbec6fd7f10e8c369a796be6395e5d89_s.jpg


1. 埼玉の店舗での話です。深夜2時から3時頃だったと思う。店内はもう静寂に包まれていた。入店のチャイムに反応して、店舗入り口を見ると、女性のタクシードライバーに付き添われて年配の女性(70歳代)がよろよろ入って来た。

「いらっしゃいませー!」

えっ、なに? どういうこと?

付き添いのドライバーさんは、その年配の女性(俗にいえばおばあちゃん)を後ろから店内に押し込むと、逃げるように小走りで暗闇に消えていってしまった。


まさか置き去りの刑かよ。


「あの、どうかされましたか? 何かお困りですか?」

さりげなく、近づいて聞いてみた。なにかぶつぶつ言っているが、意味不明。数分の会話で、やっと理解できたセンテンスがあった。

「あのね、わたし、具合悪いの。病気なの。救急車直ぐに呼んでよ!」

なんだか、様子が少しおかしい。

まさか、認知の方が徘徊途中でタクシーを拾って、ドライバーも困り果てて近くのコンビニに置いていったということか。こんな深夜に、ご老人一人で、コンビニを指定してタクシーを拾う訳がないだろう。

ワンオペ状態で、このご老人の面倒は見れない。ご希望通り、すぐに119番通報した。


「いま、救急車呼びましたので、少々お待ちください。」


店内のイートインをご案内したが、

「外で待っているからいいよ。」

ヨタヨタゆっくり出口に向かって歩いていきまいた。

危険だな。敷地内で転んで怪我でもされたら大変な事になる。

私は、イートインのイスを店舗外側のスイングドア左側、目の届く範囲に置いて、そこに座って待つようにお願いした。

確かに、異様な光景ではあった。深夜の店頭に老婆が身動きもせず、イートインのイスに座り、じっと前方を凝視している。蠟人形かよ、と思う位動かない。


「外のおばあちゃん、どうしたの?」


数人のお客様に聞かれたが、返答に困った。タクシードライバーが置き去りにしていって、困っているんですよ
・・・なんて言えないので、

「気分が悪くなり、今救急車待っている所なんです。」


それから暫くして、老婆は無事に救急車に乗せられて、店を後にしました。

2. 「300万円のお願い」編でお話したケース。店舗内でしゃがみ込み、会話も出来ず、身動きも出来なくなってしまったお客様。生命の危険を感じ、スグに救急車を呼びました。

3. しばしば、お客様から、

「そこの道で人が倒れているよ。すぐに救急車呼んだ方がいいんじゃない?」

そう思ったら、自分で連絡してもらえませんか? とも言えないので、状況確認をしてから、119番連絡しました。これも、無視放置してなんらかの責任問題に発展したら、大変な事になると思い、なるべく早く行動しました。

9d64a017ea57fcc1127b66761bab7b97_s.jpg



=110番編=

c0757817d62d6cb9e6d097c31dcfe0d7_s.jpg


1.これは、都内の店舗での出来事でした。深夜の時間帯、確か2時頃だったような記憶がある。滞留時間の長い20代後半の女性の存在に気がつく。その後も、店内を徘徊し、数時間の時間が経過した。

万引き狙いか? 

それにしては、滞留時間が長過ぎる。防犯ビデオで追跡しても、パクる素振りは見せない。私の存在は、完全無視状態だ。

何が目的なんだ?

この女性客のために、数時間貴重な時間をつぎ込んでしまっていた。仕事が思うように進まない。当時はまだ「何かお困りですか?」と問いかける知恵がなかったので、かなり時間を無駄にしてしまった。

明らかに様子が変だ。買い物目的ではない。立ち読みもしない。商品も触らない。パクる気はないらしい。人を待っているとしたら時間が経ち過ぎだろう。ただ、ゆっくりと不規則に店内を徘徊しているだけだ。

なにか、特殊な事情があるのだろう。

私は、躊躇しながらも、現状打破のため、110番通報した。

そして、程なくしてパトカーが来て、彼女に二言三言話しかけると、彼女は大人しく警察官と共に店を出て、パトカーに乗っかり、店を後にした。その後、警察の方が見えて、状況を説明してくれた。

彼女は、夫のDV(家庭内暴力)から逃れるために家出をしてきて、行く場所がなく、コンビニを渡り歩いていたとの事でした。

a21952df0d9f02b927f54ccf1bc3eba5_s.jpg


店の人には、大変迷惑を掛けて申し訳ないとの事でした。

2.  酔っ払いはホントに困りますよね。特に、店内の通路で寝てしまう人がいます。起こしても無反応。体には触る事が出来ないので、110番通報しかありません。

3. これもかなりレアなケースだと思いました。埼玉での出来事でした。

「マネージャー、いま、お客さんに蹴られました!」

40代のパートさんの言葉に、マネージャーも最初は冗談だと思ったらしい。

「歩いて来ていきなり膝の所を蹴られました。」


防犯ビデオで確認して、その異様な光景をみて目を疑った。

071539.png


その犯人は、常連さんだった。パートさんが前方から近づくお客様に進路を譲って、通路脇で待機してた。すると、すれ違いざまにいきなり前蹴りで膝部分を蹴ったのだ。そして、何事もなかったかのように、買い物をして出て行った。

これは、確実に、犯罪だ。暴行、傷害罪だろ。

スグに110番通報した。そして、警察官にビデオを見せた。警察もすぐに対応してくれた。まず、その犯人が再来店した所を押さえると説明される。常連のため来店頻度と来店時間はある程度特定できた。店舗駐車場で数日間、犯人の現れやすい時間帯に張り込んでくれていた。網にかかるのに、そう時間はかからなかった。

犯人捕獲。

553f3cbe69984c8a928a11c8c421dbf2_s.jpg


そして、出入り禁止に同意してもらった。その他の警察側の処分等は記憶が飛んでいるが、精神的ショックを受けた、超ベテランで、貴重な夕方勤務のパートさんを失った衝撃は鮮明に記憶している。

その他、万引犯捕獲、俳諧老人の捕獲、長時間放置車両の通報、駐車場内での当て逃げ事故、喧嘩、店舗施設内での未成年者の飲酒喫煙、駐車場での迷惑行為、とまぁ、まだまだ、ネタはありますが、強烈な一発は別のタイトルでお話ししたいと思います。


何かと、いろいろお世話になる119番110番。特に、警察の方々には、本当にお世話になりました。長い間ありがとうございました、と心から申し上げたい。


ご訪問ありがとうございました。


ラベル:110番、119番
posted by Sun9 at 23:44| 事件簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

想定外出費と恒例の恐喝

ご訪問ありがとうございます。

コンビニをやっているといろんな出費がある。

間接的にお客様獲得の一環としての効果がない訳ではないが、あまり効果が期待出来ない出費もある。


町会費は、その地域で営業している以上、拒否できないだろう。大体3〜5,000円位だ。しかし、お祭りシーズンになると、特別に寄付金の依頼がある。

6da4b817acc4cb9f415f475cd6cbae8f_s.jpg


これがバカにならなかった。埼玉の店舗では、初代オーナーが1万円を奮発してしまったお陰で、その金額を直営店が引き継ぎ、私もその金額で継承された。ほぼ、強制徴収の感があった。当初は、それなりに多少のメリットがあったが、近隣に競争店が乱立すると、そのメリットもゼロとなってしまった。ただ、この町会費は、本部で認められた経費で、レジから出金できたので多少は救われた。


続いて、地元の少年(少女)のスポーツ団体による協賛金の協力を依頼されることがある。複数のサッカーの団体に寄付をしていた。

33d4210a23bef9072266265e9845144f_s.jpg


団体の方が見えて、

「○○のLさん、△△のSさんにもご協力頂いてるんですけど〜、」

とか切り出されたら、断わりにくい。地元で、

「あそこのコンビニは5000円の協賛金すら払ってもらえなかった。んなケチなコンビニには行かないように!」

みたいな悪評判が近隣で広まったら一番怖い。


お礼として、サッカー団発行の某小冊子の余白に店舗の広告を載せる事が出来た。

青少年のスポーツへの取り組みは、大賛成であり、可能な限りスポンサーになりたいとは思う。これも、一度協力すれば、次回も協力せざるを得ない。金額的には5000円位で、そんな大金でもない。しかし、売上の調子のいい時は別に問題ないが、売上が下降気味になると少なからずの負担となってくる。また、この資金源の噂を聞きつけた、他の団体も果敢にアタックしてくる。さすがに、地元と言いにくい地域の団体は丁重にお断りはしたが、その線引きはかなり難しい。また、本部に認められない場合は、そっくり持ち出しとなる。



住宅立地で長年経営していれば、当然近隣のお客様とは懇意になる。それこそ、家族構成まで知り尽くしてしまっている場合もあり得る。そうなると、必然的に避けて通れない冠婚葬祭に参加せざるを得ない状況も多々ある。特に、不幸があった場合は、やはり無視はできない。お世話にになったお客様のご不幸には、真摯に対応しなければならないだろう。お通夜、本葬がシフト的に無理なら、後で深夜明けでお線香をあげに行く事になる。この場合は、やはり1万円を包んだ。

また、ご近所で子供の頃からの顔見知りで、当店スタッフとして働いてくれた娘さんの結婚式に夫婦で招待された事も数回あった。喜ばしい事ではあるが、出席時間を工面するのが、非常に大変だった。また、夫婦での出席となれば、それなりのお祝い金も必要となる。

e4adc57a56f3c8aa6b2215823f993483_s.jpg


また、隣の住人から、家を立て替える際の建前の儀式に招待されたこともあった。セレモニーに出費はつきものですが、立て続けに続いた場合は、かなりの出費を覚悟しなければならない。

以上も、本部では認められない出費(レジから出せない出費)だったと思う。全て、家計からの持ち出しとなる。

4e1082bf11330e0e90a328533aed5650_s.jpg



近所の新聞屋さんのスタッフも、新規開拓で大変なのだろう。

aa262b2f4fa149b48500e0956cf5b0eb_s.jpg


そのスタッフが超常連さんの場合は、1か月でもと契約を泣きつかれたら、断わりづらい。万が一、契約してしまった場合は、店頭で他の新聞と一緒に売場に出してしまえばいい。また、本部に話して、現金仕入として認めてもらえれば、レジから支払い出来るのでその線で新聞屋に交渉して、継続的に取引すればいい。そうすれば、ウザい勧誘から開放されはするが、書類上、伝票上、面倒な仕事が増えてしまう事になる。



某団体から、正月用のしめ縄とか門松とかをかなりの高額で買ってくれという依頼があるらしい。

11ca0018b7d0c9040cbfb7c9381a4340_s.jpg


これは、体験してないが、地方では良くあることらしい。対策としては、即断即決は避けて、直営店を装い、本部に相談する旨の回答で逃げるのが賢明だとのこと。一部オーナー店でも、オーナーを店長と呼ばせている所は、やはり逃げ道を確保している為だろう。でも、外見上、どうみても怖い人だったら、対応に困りますよね。



これは、毎年の定期定例イベントだった。都内では経験しなかったが、埼玉にリロケートして、ぶったまげた。

車の免許の書き換えで必ず体験する、交通安全協会の寄付金のお願い。殆どのドライバーが、善意で寄付をされていると思う。

しかし、この寄付金を金額指定で店舗に集金に来られたら、そのリアクションに戸惑うだろう。しかも、近隣の商業店舗の集金の際に発行した金額が見える領収書の控えの一部を見せられたら、妙なプレッシャーを感じてしまわないか。

「○○警察だけどー、皆さんに協力してもらってるんだけどねー、」

553f3cbe69984c8a928a11c8c421dbf2_s.jpg


と切り出されて、例の領収証の束を見せられたら、もう逃げられない。

もちろん、寄付金5000円を交通遺児、その他の交通安全のために使われるのであれば、喜んで寄付しよう。


しかし、そのアプローチがえげつない。横柄で、命令口調的に感じた。


「おめーら、うちの領内で商売してんなら、当然、この位は気持ちよく出せや!」
「ケチるんじゃねーよ。いつも、見回りに来てやってんだろ?有り難く思えっつの。」


というオーラを感じてしまうのは、自分だけだったのだろうか。


「これって、カツアゲじゃね?」


不謹慎だが、そう感じてしまった。(笑)


しかも、これは、本部が認めてない出費だったので、完全に家計からの出費となった。

毎年、不愉快になるイベントだった。



コンビニ経営は、直接的な店舗営業費以外にも、時として、想定外の出費がかさむ事がある。
また、不愉快な定期定例の出費みたいなものにもお付き合いしなければならない。

店舗営業必要経費として認められるものはいいが、そうでない場合は、少ない利益配分から工面しなければならない。

売り上げが低迷している場合は、大げさかも知れないが、生活苦に直結してしまう。

52645248b2b6529d9f1ca045dd97a92d_s.jpg




ご訪問ありがとうございました。

posted by Sun9 at 21:54| 事件簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする