2018年04月24日

招かざるお客様 ホームレス編

ご訪問ありがとうございます。



最近、「コンビニ経営を始める20の覚悟」の記事を書いていて、ふと感じたのですが、「コンビニ経営を辞めた20の理由」というタイトルになんだか多少の違和感を感じました。


冷静に考えれば、トイレにいたずらされて、辞める決意をするオーナーなどいるはずない。


DQNに絡まれて、辞めると決断するオーナーもいるはずない。


夫婦仲が険悪になっても、家庭内別居に追い込まれても、辞める理由にはならない。


827f03799371905c77aa59b45914139d_s.jpg

b943c3d91d060463491177e7ff0c9b6b_s.jpg


ましてや、24時間精神的に拘束されるから、辞める!などというふざけたオーナーは見たことも聞いたこともない。


また、私も、2回も強盗に入られて、死ぬかと思うほどの恐怖体験をしても、辞めようとは思わなかった。



「お前さ、無責任だろ。テキトウな理由をことさら大げさに吹聴して、ヤル気満々の人たちを諦めるようにあおってきたのか。」



いや、ちょっと待って頂きたい。


各タイトルの20項目は、全て私が身をもって体験した事実です。


しかし、それが、辞めた直接的な理由ではない、ということです。


辞めた一因ではあるが、決定的な理由ではないということです。


そして、辞めた直接的な、第一の原因は、ここには入っていないことに最近気がつきました。


敢えて選ぶのであれば、No.5経済的に不安定 が一番近いと思われます。



「じゃ、何だよ、それ。もったいぶってないで早く言えよ。」



はい。そうですね。それは、いたって簡単な分り易い理由です。



売り上げ下降による経済的なダメージを受け、日々の生活ができなくなる可能性が出てきたためです。


3654ccf400f70dcc19e9657612253142_s.jpg


タイトルをつけるとすれば以下です。


「突然の競争店出現による売上減少、収入減少」



だから、ブログタイトルは「コンビニを辞めたいと思った20の理由」のほうが適切かと思われます。


確かに、コンビニ戦争編をご覧頂ければ、売り上げ減少が直接的な原因であることは読み取れるとは思いますが、ブログメインタイトルにある20の理由の中に、直接的な理由として、その辺のコメントがなんら入っていないというのは、なんだかおかしいと思いました。


今更、タイトルは変えようもないので、このままで続行させて頂きますが、その辺の事情をお取りくみいただければ、幸いでございます。


さて、本題に入ります。


|■地付きのホームレスの存在

コンビニ運営において頭を悩ます問題は多々ある。


中でも、招かざるお客様の来店で、地元の有名(?)なホームレスの方々の来店にはかなり困惑させられた。


勿論、買い物をしてくれるのであれば、有難いお客様であり、なんら問題はないはずなのだが、問題は、失礼だが、その異様な異臭である。


90a7d54eeec360ee9167ce6837fb44a5_s.jpg


密閉された、狭いコンビニ店舗で、ホームレスが数分間滞留しただけでも、その強烈な臭いが、残留臭素として残ってしまう。


当然、周囲のお客様には、耐え難い状況となり、直接的なクレームとして文句を言われる場合もあった。


だから、私は、強烈な異臭を放つHL(ホームレス)には、かわいそうだが、スグに反応して、買い物をされる前にアクションを起こした。


「あの、お客さま、大変申しあげにくいのですが、他のお客様のご迷惑となりますので、ご入店をご遠慮していただけますか?」


これで、「何がめわくなんだあ?客に向かって失礼だろ!」


とか逆切れされたら、


「お客様の、その臭いが他のお客様からの苦情となっております。」


ここまでいえば、あっさりと身を引いてくれた。


むしろ、ここまで、最初からキチンと対応するべきだと思う。


|■ホームレスによる万引き被害

これも、語弊があるかもしれないが、かなりの確立でその可能性が高い。実際にあった話だが、いつも割ときれい目な身だしなみのホームレスが、定期的にやってきて店内を少し俳諧して、何も買わずに出て行く。失礼だが、目で追ってみても、なんら怪しいところがなかったので、放置していた。


3e590f4c53f5205ca24052dbb408dada_s.jpg


aa0b9bb8419620f3c55021c4fce6c88a_s.jpg


しかし、ある日、視界から消えて、微かなビンが触れ合う音が聞こえた。そして、また視界に現れ、スグに店から出て行った。


明らかにおかしい。彼の消えた場所は、酒の陳列棚だ。明らかにやられた感があり、ビデオで確認したら、チャッカリ焼酎のビンをカバンに押し込んでいた。


つまり、いままでも俳諧して、早業で、いろいろな物を万引きしていた可能性が高い。レジ方向には一切視線を向けずに、かなり熟練した犯行だ。


その後、近くの公園のベンチでそのHLをたまたま見かけたので、条件反射的に近寄り、問い詰めた。


「おじさんさ、この間、店から焼酎のビン1本盗んでったよね。ビデオにしっかり写ってたよ。」


「え?どこの店だって?あーあそこのコンビニか。よく分かったな。ご立派、ご立派。」


このオヤジ、謝罪するどころか、発見したオレを褒めていた。


「困るんだよね。こっちも生活がかかってるんだから、タダでもってかれたら死活問題だよ。もう来ないでくれる?」


「あー、わかったよ。もう行かないよ。」


なんだか、なごやかな井戸端会議風に会話をしていたが、こっちは本当に死活問題だ。


しかし、それ以後、二度と現れなかった。


もし、確実に盗まれていて、犯人が特定できていて、その居場所が分かれば、直談判して、マイナス要因を排除するのも一つも方法だろう。


|■ゴミ箱荒らし

これも困りものだ。


f6cdfee60b937bc3a93a497773a83f80_s.jpg


ふと、外のゴミ箱を見てみると、ホームレスがゴミをあさっている。そして、残り物の何かを口にしている。見慣れない人はかなりショッキングな光景だろう。現在は、外ゴミ箱は撤去される傾向にあるが、外置きの場合は、まだ見かける光景だろう。


そして、一番困るのは、ゴミ置き場から、ゴミを袋ごと持ち出して、欲しいものだけ抜き取り、近隣に残りのゴミを捨ててゆくというパターンだ。近隣から苦情が来るので、かなり面倒なトラブルとなる。


また、さらに深刻な問題となるのは、店舗専用のゴミ置き場があり、鍵がかけられる場合はいいが、単に店舗の外置きの場合は、ゴミ収集車が来るまで、定期的に見回りにいくとか、ごみ車が来るまで食品類のゴミは店舗内に保管しておかなければならないとか、かなり面倒な対応をしなければならなくなるということだ。


b2b57f1a092197222a3184cc3ff8953b_s.jpg


これは、もう、犯人を見つけたら厳しい対応をするしかない。


「何やってるんだよ。人のもの勝手に持ってくなよ。ドロボーだろ。警察呼ぶぞ!」


「うるせーなバカ、これゴミだろ、文句あんのかよ!」


ff5abddf6ce00a52a55a44978c20d503_s.jpg


「ばかやろ。これな、売って金もらってんだよ。立派な売り物なんだよ!」


「かえせよ!早く敷地内から出て行けよ!!」


ぐらいの対応は必要だろう。


悪態をついてでも追い払うべきと思う。甘く見て放置していると、HLが集団で押しよせて来たなんていう話を聞いたことがあるので、充分注意が必要だ。


|■毅然とした素早い行動が必要

「おまえな、ホームレス、ホームレスって馬鹿にしてるけど、彼らにも事情があってのことだろ。同じ人間として、もう少し暖かい目で見て手を差し伸べてもいいんじゃないのか?」



確かに、おっしゃる事も一理あると思います。



しかし、あくまでもその辺の対応は行政の問題課題であると個人的には思います。一民間人の私が対応できるレベルの問題ではないです。彼らが、生きるために必死なように、我々コンビニ経営者も生きるために、あらゆる売り上げ減少をもたらすマイナス要因は取り除いていかなければ、こちらが生活できなくなってしまいます。


だから、自分のためにも、他のお客様のためにも、店舗内においては快適にお買い物をしていただける環境を維持しなければならいのです。


私は、あるパン屋さんの前でこんな光景をみました。


f2e8b0cf275399922335a1d15529477e_s.jpg



見るからにホームレスの人が、店舗入り口前に立ちすくんでいました。入ってくるのかなと思った瞬間、店舗の女子スタッフさんが、小さいビニール袋を外で立ちすくむそのHLに差し出しました。HLはその袋をひったくるよう手に取り、すぐに立ち去りました。


想像するに、「なにもくれないなら、店に入っていくよ」という脅しに見えました。


店側も、入ってこられたら、何かと面倒なので、僅かながらの食べ物を与えて、立ち去ってもらう方が得策と考えたのでしょう。


でも、これ、ホームレスの間で知れ渡ったり、たまたま近くで見ていた別のHLにマネされたら、かなり大変なことになるのは目に見えてますよね。


「あのパン屋さん、いつ行っても、ホームレスが店先にいるので、入りずらいよね。」


「身内にホームレスがいんのかな。」


「ホームレスにパンくれる余裕があるなら、もっと安く売ってくれれば良いのに。」



勝手な想像で口コミを作り上げられたら、それこそたまったもんじゃない。



最初から、毅然と対応して、出入り禁止に近い状態に持ち込まないと後で面倒なことになるので、本当に注意が必要だと個人的にはつくづく思いました。


(追記)

4/23「コンビニ経営を始める20の覚悟」で NEW ENTRYしました。


コンビニ始めて夫婦中が悪くなる? 夢と希望を抱いて始めたコンビニ経営。 新規オープンから2〜3ヶ月間は新しい生活のリズムに慣れないため、日々の生活もいい意味での緊張感があり、ヤリガイも感じられて、夫婦 ...


5/3「コンビニ経営を始める20の覚悟」で NEW ENTRYしました。


「なぜ一家団欒は不可能となってしまうのか」コンビニ経営において、一番の課題は、やはり人件費の削減だ。どんな契約タイプにおいても、人件費のコントロールはもっとも重要となる。人件費の削減がストレートに純利益に貢献し、毎月の利益配分にダイレクトに好影響をもたらす。そして、この人件費の...

posted by Sun9 at 15:15| 事件簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする